びーの独り言

どこいくの?どっか。

2024/05/18(土)「千葉」

 ムカついてあんまり眠れなかった。部屋にいてもマジで腹が立つだけなので、とりあえず今の私の軍資金がいくらか把握することにした。
 まずは自転車で近くの郵便局に行った。しばらく乗ってなかった自転車のタイヤはまだ大丈夫そうだった。空は晴れて夏のように日差しがきつく暑かった。暗いジメジメした気持ちとは正反対だった。通帳記帳するついでにお金もおろした。電子マネーが普及してほとんどお金をおろすことがなくなったなあ。
 次にメインのみずほ銀行に行った。みずほ銀行は千葉駅の方にあった。国道357号線を渡ると軽い上り坂となる。ここからは昔の陸地だったところ。もうこの道を通るのも最後かもしれないな。吉野家を越えるとモノレールが合流。センシティの前のコインパーキングは運よく空いていた。千葉は不法駐輪に物凄く力を入れている。ちょっとでも自転車を置くと、どこからともなく監視員がやって来て何か言われたり、ビラを前かごに入れられたりする。自転車を置ける場所が絶対的に不足しているので、改善して欲しいものだ。
 みずほ銀行の場所はいつもどこにあるかわからなくなるw。Googleマップで調べながら歩くと、そごうから京成千葉駅を抜けて、JR千葉駅の商業施設ペリエに入った。そういえば、前の千葉市長の熊谷さん(今は千葉県知事)が、ペリエが新しくできたことを宣伝してたなあ。ATMのある1階は女性向けのフロアだった。歩くと気まずいんだよなあ。どうしてどこも1階は女性向けなのだろう?ある片隅にATMがあることを発見した。多分ここに来たのは初めて。記帳してると、いつも思ってるよりも金額が少ない不思議。
 逆の順で自転車を取りに戻った。京成千葉駅の前で風景の写真を撮った。もうここに来るのも最後かもしれない。当たり前の景色を記録に残しておこうと思った。駐車料金は100円だった。このまま帰ってもやることもなく、怒りが増幅するだけだったので、前から気になってる千葉公園に行くことにした。千葉公園には、鉄道第一聯隊が敷設した橋脚の跡があった。
 千葉公園には前にコワーキングスペースの謎解きゲームで行ったことがあった。まずはコワーキングスペースの方に向かった。あまり行くことの少ない千葉駅の西口の手前には、蒸気機関車の動輪が置いてあった。なんだろうと思って見てみると「千葉機関区の跡」と書かれていた。千葉機関区なんてあったのか?昔の千葉駅は東千葉駅の辺りにあり、東京方面から内房線外房線に入る電車はすべてスイッチバックしていた。それを改良するため千葉駅は今の場所に移った。県庁所在地の大きな駅が移転するなんて場所はどうしたんだろうかと思っていたが、元々は千葉機関区の敷地だったわけね。
 千葉コワーキングスペース201は、Twitterでまだあることは知ってたけど、場所は完全に忘れていた。2階の窓ガラスに貼られたロゴは女性らしいおしゃれさと柔らかさを昔と変わらず主張していた。誰かが座ってるのが見えたけど、知ってる人ではなさそうだった。あの時、無理矢理関東でボドゲできる場所を探したけど、今となってはその無理矢理な行動ですらいい思い出となっているのが驚く。今や完全に迷子になってるけどね。
 千葉公園に移動した。Googleマップが示したのは思っていたルートではなかった。そして、たどり着いた先も記憶にないところだった。千葉公園は広くて、一体どこに橋脚跡があるのかわからなかった。でも、いい天気だしのんびり探すことにした。
 鉄骨を組み合わせた意味ありげなモニュメントがあった。1110、陸軍気球聯隊第二格納庫のダイヤモンドトラス。説明看板によると、昔気球聯隊の格納庫があったらしかった。千葉は戦時中は軍都と呼ばれるほど、軍の施設があった。わざわざモニュメントを建てる必要があったのかは謎。
 シーズンオフの緑色のプールが何個も出てきた。夏は営業してるのだろうか?そこを横目に見ながら通り過ぎると、なんか見たことのある広場に出てきた。
 そこには小さくて見るからにマイナーそうな蒸気機関車が置いてあった。1115、C型タンク飽和蒸気機関車川崎製鉄所千葉で昭和36年から44年まで使われていたとのこと。民間の入れ替え用であり、しかも期間が短いし、なぜここに?子供が上ったりしてるのはいつもの光景。子供にはなんでもいいんだろなあ。
 そしてようやく目的の橋脚が現れた。1120、鉄道第一聯隊架橋演習用橋脚。2015/5/15以来2回目。なぜただのコンクリートの塊が気になってたのか自分でもよくわからなかった。千葉といったらこれしか思い出さないくらいだった。橋脚は厳しい傾斜の途中に立っていて、緑の美しい公園の中では明らかに異彩を放っていた。戦争の産物がひっそりと平和な公園の中にあるなんて。今の平和の中にもかつて悲惨な時代があったことを忘れてはならない。因みに鉄道第二聯隊は津田沼にあって、津田沼から松戸までの新京成線は鉄道第二聯隊の敷いた線路をベースとしている。案内板によれば、近くに演習用のトンネルがあることがわかった。外観の写真は橋脚よりもインパクトがあった。なぜ橋脚しか知らなかったのか自分でもわからなかった。
 当然トンネルを探しにいった。モノレールの千葉公園駅の駅前に10mくらいのトンネルが現れた。トンネルなのに山を掘ったわけでなく、ただコンクリートの側の部分だけが自立していた。1135、鉄道第一聯隊演習用トンネル。断面積は普通の鉄道トンネルよりも大きいように見えた。要石のところには何かのマークが入っていて印象的だった。何のマークだろう?
 一通り見たので帰ることにした。お腹が減ったので、12時、吉野家14号線登戸店。この店に来るのも最後かもしれないな。このまま部屋に帰ってもやっぱり仕方ないので、ポートタワーに行くことにした。
 千葉みなと駅の海側に出るとやけにきれいになっていて、遊覧船乗り場となっていた。しかも、海の前には錨を象ったモニュメントができていた。まるでおしゃれな今時の観光地みたいだった。自分の記憶の中の無機質で殺風景な景色とはまったく違っていた。そういえば、これも熊谷さんが宣伝してたような?時代は移り変わるんですね。
 海沿いの公園に移動した。ガラスに覆われた断面が三角形のタワーが見えた。1250、千葉ポートタワー。私はもう15年くらい千葉に住んでいるが、ポートタワーに上ったことはなかった。私はタワーには上らない傾向にある。タワーって気持ちよく俯瞰できる反面、なにもかもが大味なんだよな。ただもう今回で最後かもしれないし、ついに上ることにした。420円。最上階の4階展望室は113m。普段見てる建物が俯瞰して見えるのは意外にも面白かった。もしかすると、いの一番で来た方がよかったかもと思ったくらい。ちょっとタワーのことを見直した。
 1325、Ocean Tableの前を通り過ぎた。多分2009/4/29だと思うけど、合コンで使った店。海沿いにあって向こうから店の指定があった。でも、別に眺めがよかったわけでもなく。今は遊覧船乗り場ができてきれいになっている。先見の明があった感じ。
 1340、帰宅。思いっきり昼寝した。昼寝するのは久しぶりだった。たまには思いっきり昼寝することは必要だよなあ。
 18時半、新習志野のプール。プールは中1日。距離が伸びないので、腕のかきを縦ではなく横気味にした。手のひらだけでなく、二の腕も使ってかくイメージ。最初感覚はよかったのだが、途中からバテテしまった。しばらく鍛えるしかないのだが、泳ぐのはお金がかかるし、いつまでも泳いではいられないな。クロール6往復。休憩。クロール15往復。休憩。クロール4.5往復。2550m。