びーの独り言

空想する技術系。よかった探し中。

2019/05/24(金)休「仕事」

昨晩回覧板が回って来ていた。今朝内容を確認すると、自治会の組織図が出ていた。Mくんが会長でNくんが副会長だった。押し付けられた感が満載だった。でも、今のMさんよりは色々頼みやすいと思った。また「駐輪場使用許可申請書を茶色の封筒に同封しますので記入して入れて下さい」となっていた。しかし、どこにも茶色の封筒はなかった。MくんかNくんに聞くしかないと思った。回覧板を次のMさんのとこに持って行こうとして、玄関のポストに入れようとしたら入らずにガタンと大きな音がした。怪しさ満点だった。仕方ないので玄関の扉の横に立て掛けた。駐輪場使用許可申請書をもらうために会社に行かなきゃいけないなと思っていたら、Mさんからメールが届いた。「回覧板置きましたか?茶色の封筒はありませんでしたか?」「置きました。封筒はありませんでした。駐輪場使用許可申請書をいただけませんか?」「申請書はポストに入れておきます」。Mさんは思ったよりいい人かもしれない。
今日はNTT西日本onuに直接接続されている光ファイバーをはずしに来る日だった。9時から12時の間に来るとの約束だった。トイレに入っていたら電話がかかってきた。出ようとしたらすぐに切れた。番号をネットで調べるとNTTだった。行く前に電話をかけると言ってたことをすっかり忘れていた。それにしてもあんだけ早く切られたら出られないじゃないか?かけた意味ないじゃん。すると再び電話がかかってきた。「早いのですが今から15分後に行っていいですか?」、時計は8時半だった。やって来たNTTは若い男性2人だった。一瞬でonuから光ファイバーをはずした。これだったら俺でもできたのではないか?事前の電話では光ファイバーも撤去すると言っていたが、線を軽くまとめただけだった。こいつらほんまにいい加減やな。onuとアダプターを箱に詰め、返却用の封筒に押し込み、郵便局に持って行った。
相続に関しては何もしないと考えていたが、父親の3回目の手紙には「こっちに来る」と書かれていた。それでも無視しようと考えていたが、何度も来られてもめんどくさいなと思い直した。手紙には「相続に必要な書類は印鑑証明と戸籍謄本」と書かれていた。ボケ老人の言うことは信用できないのでネットで調べると、印鑑証明書が3通だった。やはりあてにならないな。両方尼崎市役所でもらえると思ったら、戸籍謄本は本籍地である摂津市役所だった。うっとうしかった。尼崎に移したいと思った。いっそ本籍なんて廃止すればいいのに。手続きがややこしそうな戸籍謄本を先に片付けることにした。モノレールを使うつもりだったが、乗り換えがめんどくさかった。JR千里丘駅からバスが出ていた。子供の頃に何度か乗ったことがあった。本数が心配だったが、20分に1本出ていたので、バスにすることにした。長年摂津市に住んでいたが、摂津市役所に行くのは初めてだった。申請書を提出するとあっという間に出来上がった。やるやん。JR尼崎駅に着いたのは17時ちょうどだった。尼崎市役所の支所は17時半までやっていた。急いで印鑑登録し印鑑証明書を3通入手した。まさかこのややこしい書類たちが今日のうちに片付くとは!
市役所の支所の下にあるダイソーに行って紙コップ、紙皿、ペーパータオルを買った。
キューズモールの帽子屋に行って、夏用の帽子を買った。店員に勧められた物を値段も見ずに買った。高かったけど、なかなか気に入った。これからはいいものを着こなしたい。

2019/05/23(木)休「M会」

M会のKさんが大阪出張で来ていて飲みに誘ってくれた。これまでも何回か誘われていたが、入院してたので行けなかった。18時半にJR大阪駅の本屋で待ち合わせた。東通り商店街のホルモン龍の巣に行った。大阪の飲み屋は知らなかったのでネットで調べた。Kさんは相変わらず優しかった。来月東北大に行ったSさんを呼んでいつものメンバーで飲むらしく、とてもうらやましかった。面白そうな店はたくさんあるので、また飲みたいなあ(まだ酒は飲めないけど)。

2019/05/22(水)休「外来」

今日は外来だった。6時に目が覚めて、8時過ぎに家を出て、945に病院に着いた。受付を済まして診察時間を確認すると1045だった。1時間前までに来ればいいのでぎりぎりだった。採血をして待合室に戻るとIさんがいた。会えると思ってなかったので嬉しかった。するとTくんも現れた。意外と知ってる人に会うもんだ。診察では、ヘルペスは枯れてるので軟膏は塗らなくてよくなった。痛み止めは眠気が強いので弱いものに変わった。ヘルペス予防の薬が処方された。ヘモグロビンが低いので来週月曜日に輸血となった。因みにボトルネックの血小板は今回も大丈夫だった。ヘモグロビンの方がボトルネックになってるなあ。
12時過ぎにTさんと合流し、淡路のお好み焼き屋ふじに行った。1600円のデラックスを注文。海老、イカ、タコ、牛肉などが入っていた。旨くてコスパが良かった。次に十三の喜八洲総本舗に行った。酒饅頭2個とみたらし団子5本を買った。それから家まで送ってもらった。夕食に酒饅頭とみたらし団子を食べた。どちらも旨かった。
夜、Kさんの奥さんから電話がかかってきた。4回連続出てなかったので今日は出た。外来で会えるかなと思ってたらしかった。私はそんなことは微塵も思ってなかった。以前のような悲壮感はなく、落ち着いていた。もともとこんな感じなんだろう。そして、今日もTさんから電話がかかってきた。電話ばかりしてるなあ。

2019/05/21(火)休「会社」

痛み止めを飲んでから夜中はぐっすり眠れるようになった。その代わり昼も眠いが。
13時半にダスキンが来た。「15時過ぎに帰ってきます。ただし部長と面接するので帰って来れないかもしれません」と伝えた。会社に行くと廊下でYさんとSさんに遭遇した。そのまま応接室に移動して面接となった。Sさんと会うのは、移植前以来だった。面接と言っても非公式なもので、こちらの様子を伝えるのが目的だと思われた。職場復帰についてはなるようにしかならないというのは伝わったかと思う。いつもはつまらないSさんの話も今日は普通に聞けた。長い間仕事から離れていたからだろう。面接が終わったのは15時40分でダスキンの終わる15時半には間に合わなかった。そのまま居室で定時の17時半まで居座った。家に帰るとちゃんと鍵がかかっていた。ダスキンには鍵を渡していた。いずれ職場復帰した際には、立ち会いなしで掃除してもらうことになろう。ちゃぶ台の上にはダスキンの書類が置かれていて、今日の掃除内容が書かれていた。ところどころ物が動いていて、ダスキンが掃除をした形跡が見受けられた。
21時過ぎにTさんから電話がかかってきた。相変わらず毎日のようにかかってくる。生存確認なんだろう。ありがたいことだ。

2019/05/19(日)「麻雀」

関大前で麻雀。2年ぶりくらい。最初腰痛で行けないと思ったが、意外とよくなってきた。 12時集合。待ち時間を利用して王将で餃子セットを食べた。麻雀の面子は3809、hyosube、#12、donpa。結果は3224抜34抜の△81。べべだったorz。でも楽しかったからいいや。帰りの家系ラーメンがやたら旨かった。JR吹田駅まで送ってもらった。

2019/05/17(金)休「仕事」

夜はぐっすり眠れた。痛み止めに眠くなる副作用があったためだと考えられる。
ウイルスバスタートレンドマイクロに電話した。「登録情報に不備があり」郵便物が届けられないので、登録情報を確認して下さい」となっていたが、登録情報には誤りはなかった。その旨を伝えると修正してくれた。なんでこんなややこしいことになるのか?
ocn光の工事担当に電話した。onuを返却したかったが、onu光ファイバーが直接繋がっており、光コラボレーション業者に連絡して下さいとなっていた。すると、ocnの契約が切れていたので、NTT西日本に問い合わせて欲しいと言われた。NTT西日本に電話すると、24日に工事に来ることになった。なぜか無料だった。ドコモの光ファイバーを通した時にocnの光ファイバーをはずせば良かったのに。わけわからん。
ocnに電話して、ホットスポットの定額制を従量制に変更した。これで公衆無線LANは使えなくなるが、月300円浮く。
スマホおサイフケータイが使えるようにiDの設定をした。セブンイレブンで使って見たところうまくいった。
夕方会社に行った。Yさんに元気な姿を見せたかった。
夜Tさんから電話があった。背中が痛くて調子が悪いとのことだった。心配だなあ。24時まで喋った。

2019/05/16(木)休「外来」

夜は腰痛で眠れなかった。最初から病院に行くと決めていた。9時前に電話して症状を伝えると11時半までに来て下さいとのことだった。そのまま入院したかったが、多分ダメだろうと思った。それでも荷物は入院に最低限必要なものを持って行った。JR尼崎駅までバスに乗っているとTさんが心配して電話をかけてきた。優しいなあ。なんとか病院にたどりついたのは11時過ぎだった。外来の受付はなんでこんなに上から目線で偉そうなくせに使えないのか?採血をして、結果が出てから診察となった。腰痛はしばらく続くとのこと。薄々気づいてたが、残念な知らせだった。太腿の赤い斑点はヘルペスではないということだった。来週まで痛み止めを飲んで様子をみることになった。腰が痛いくせに帰りに阪急茨木市駅たこ焼き屋に寄り道した。阪急電車に乗ってたらTさんから電話があった。「迎えに行こうか」と言われたが、電車に乗ってたので断った。ありがたかった。腰が痛かったが、JR尼崎駅のキューズモールに眼鏡を取りに行った。タクシーで帰った。腰痛が少しでもよくなればいいんだが。

2019/05/15(水)休「退院」

入退院センターに行こうとすると、腰はまだまだ痛くて一気にしんどくなった。これで本当に退院できるのかと思った。9時半に迎えに来てくれたTさんの車に乗った。尼崎のスーパーマルハチで買い物。続けてジャパン。昼食は丸亀製麺。おはぎをサザエまで買いに行った。帰ったらへとへとだった。しんどいけど、荷物を片付けた。夕食でおはぎを食べたが、まったく食欲がなかった。これでは入院前とあまり変わらないと思った。

2019/05/14(火)休「入院7」

昨日の担当看護師さんは初顔合わせだった。Tさんから3人新しい人が入ってきて2人は新人だと聞いていた。新人らしい2人とは5/2の外来で遭遇していた。昨日の人はベテランの人だった。産休から5年ぶりに復帰したとのことだった。あとで考えると5年は長いと思った。夕方にまた知らない看護師さんが来た。4人目?Tさん情報はたまにあてにならない。人事交流で期間限定で来たらしい。ここの産休は6年取れるとのことだった。長いなあ。因みに今日の担当看護師さんは新人さんだった。
今日は骨髄穿刺だった。余裕だと思っていたら、よく考えたら研修医さんがやるのではないかと。この研修医さん、間が変で頼りない印象。現世ではいつもの若い先生だったので安心した。いつもより痛かったのは秘密だ。
会社のYさん、3809、入院中のOさんとIさんに退院のメールを打った。するとIさんから電話がかかってきた。前からIさんの病状が気になっていたが、打つ手がなく、先生からは帰宅と緩和ケアを勧められているらしい。「だるくてしんどい」と言われた。せめて少しでも苦しみを取り除いいんだが。
教授回診があった。正確には教授が退官したので准教授回診だった。学生が一緒に来るのでヘルペスを見せて欲しいと言われていた。回ってきたのは別の先生だった。「腰のヘルペスはほっとくとお腹の方も痛くなります」。だから下腹部が痛かったのか?「我慢せず早く連絡してくれればよかったのに」。いや、連絡したけど?もしかして手遅れ?処置が遅れると痛みが残ると聞いている。痛みが引いてくれたらいいのだが。
糖尿病内科の先生がやってきた。土曜日以来2回目。土曜日に「検査でインスリンの効きが悪いと言われたことはありますか」と言われた。「検査はした記憶はないですが、効きは悪いと言われました」と答えた。やりたくはないけど、一生インスリン注射しないといけないかもな。今日は次の外来の予定と消耗品の在庫確認だった。
急遽肺炎予防の薬を吸入することになった。やっぱりやるんだな。
22時半Tさんから電話がかかってきた。今までで一番遅い時間だった。

2019/05/13(月)休「入院6」

朝、移植の先生から「ヘルペスは枯れてきてますね。飲み薬追加した効果がでましたね。気が早いですが、退院も考えておいて下さい」と言われた。確かに気が早いと思った。
看護師さんからも「枯れてきている」と言われた。それから「明日骨髄穿刺します」と言われて驚いた。確かに明後日予約していたが、延期しないのかよ。
若い先生が来てやはり「枯れてきている」と言われた。「明後日退院の予定で」と言われてびっくりした。あと1週間はかかると思っていたのに。「前に言ってた肺炎はどうなるんですか」と聞くと、「様子みましょう」ということだった。
まだ痛いからもう少しいたいのだが?

2019/05/12(日)「入院5」

ヘルペスは右腰背中側にあるとのことで、個室になってから看護師さんに1日2回軟膏を塗ってもらいフィルムでカバーしてもらっている。ただ、痛みを感じる箇所はもう少し広い気がしていた。夜中に眠れなくてトイレに行った時、痛みを感じる右太腿前側を見ると、赤い斑点が僅かに点在していた。ヘルペスを見たことはなかったが、無関係ではないと思えた。ちょうど担当だったYさんに見せると、怪しいという話になり、一応軟膏を塗ることになった。
午前に若い先生が太腿を見にきた。「わからないけど、ヘルペスかもしれない」ということだった。「移植の後にヘルペスになる人は多いので、普通はヘルペスを抑える薬を飲むんですが、血小板が低くなるので出してなかったです」と言われた。その話はまったく知らなかった。
看護師さんに軟膏を塗ってもらっている時に、看護師さんが右腰背中側の写真を見せてくれた。びっしりと赤い斑点で覆われていて、天の川のようになっていた。素人目にもこれは酷いと思った。
移植の先生(外来の先生)が様子を見に来た。私が電話した時からヘルペスを疑っていたらしい。「ヘルペスは命に関わる病気です。1週間で亡くなった人もいます」と言われた。連帯保証人になってもらった3809には「命に別状はないから」と説明していたが。そう言えば先生は以前歯磨きも命に関わると言ってたなあ。若干大げさなところがあるのかもしれないと都合よく解釈した。ヘルペス予防の薬を出すとのことだった。もともと血小板が低いので輸血が増えるかもしれない。痛し痒しだ。
午後上野がやって来た。雑誌と文庫本を差し入れてくれた。面会できないのに来てくれてありがたかった。
トイレに行った時に太腿を確認したら、赤い斑点が増えているような気がした。看護師さんを呼んで診てもらったところ、そうかもしれないということで経過観察となった。
夜は上野が買ってきてくれた本を読んでいた。21時にTさんから電話がかかってきた。