びーの独り言

どこいくの?どっか。

2021/05/02(月)祝「旅行5」

 おばさんに「明日帰ります」と伝えたら、お墓参りに行くという話になった。せっかく来たのだからそれはそうかと思った。おばさんと隣に住んでるいとこと近くのお寺のお墓に行った。いとことまともに話すのは初めてだった。
 お墓には見覚えはなかった。周りにはうちと同じ名字の墓ばかりだった。いとこと名前の話をした。お墓の次はお寺の中の位牌を置いてるところで、ここは見覚えがあった。
 いとこが車を出してくれて佐賀を案内してくれた。おばさんも一緒。有明海の干潟は初めて見た。バルーンが飛ぶ嘉瀬川の河川敷、嘉瀬川から水を引き込んでいた石井樋。いとことはとても話題が合った。化学とか歴史とか。なかなか珍しいことだ。
 昼食でサンマーメン。違和感があり調べたら、サンマーメンは神奈川だった。
 嘉瀬川を上流に行くと、ものすごく険しい山になった。そしてダムに到着した。道の駅風のダムの駅というのがあり、そこからダムを見張らすことができた。ダムは大規模だが、渇水気味だった。併設の土産物屋と思ったら品揃えはスーパーだった。
 思いがけず観光できたけど、それよりもいとこと話が合ったことに驚いた。なかなか私と合う人は珍しいわ。
 夜は母親と父親の話になった。今までも話したと思っていたが、とにかく思いっきり話した。私の中では答えはなるようにしかならないと思っているが、おじさんとおばさんは納得がいかないようだった。そこから導かれる結論では、私がここにいるのはよくないような気がした。
 人はべき論で語ってしまうと良い悪いで判断してしまう。お互いが話し合いにより歩み寄るか、一方的になるかだが、なんせ一族で同じ気質だとすると・・・。どれが答えかわからんことは本人の好きにさせるしかなかろう。だけどそれに対する責任は自分で取るべきだ。これは自分に対する戒めでもある。